土鍋の世界

土鍋についてのあれこれ

こちらでは土鍋に関する知識や、使い方について記述していきます。

土鍋について記事一覧

土鍋について

土鍋は陶器ですので、もろく、すぐにかけたりひびが入ったりしてしまいます。また、急激な温度変化にも弱いです。なので、取り扱いには注意が必要です。

≫続きを読む

 

歴史

土鍋が日本に登場したのは、縄文時代です。「縄文土器」と呼ばれるものです。縄文時代の最初の頃は、人々は狩猟を行い、生肉を食べていました。しかし、次第に肉を焼くようになり、また、野菜などの植物も食べるようになりました。そのため、食糧を保存したり、料理をするのに便利な土器が開発されます。現在発見されている...

≫続きを読む

 

産地

日本で土鍋を生産しているのは、主に2か所、三重県の四日市市と伊賀市です。(ほかにも中国産の土鍋があります。)

≫続きを読む

 

使い始め

購入したばかりの土鍋は、細かい穴が無数に開いている状態のため、土の匂いがするとともに、水がしみこみやすくなっています。この状態で料理に使用すると、料理が土臭くなったり、逆に、料理の匂いが土鍋に吸収されて落ちなくなってしまいます。また、無数にある穴のために、割れやすくなっています。ですので、土鍋を引き...

≫続きを読む

 

扱い方

土鍋は金属製の鍋と異なり、割れたり、欠けたりすることがあります。ですから、土鍋の扱いには注意が必要です。

≫続きを読む

 

手入れ

土鍋は冷めにくいので、時間をおいて素手で触れられるくらいに冷めるまで待ってから水を使います。(熱いうちに冷たい水につけるとひびがはいるおそれがあります)土鍋は水分を吸収してしまうので、洗剤の使用はできるだけ避けましょう。やむを得ずに洗剤を使用する場合は、少量を薄めて手早く洗いましょう。洗剤液につけて...

≫続きを読む

 

収納方法

土鍋は完全に乾いたことを確認し、風通しの良い場所に収納しましょう。湿気があると、変色したりカビが生えたりすることがありいます。長期間使用しない場合は、購入時の箱に新聞紙などで包んでいれ、乾燥した場所に保管してください。また、欠けたりひびが入る危険がありますので、ほかの食器や鍋と重ねるのはやめましょう...

≫続きを読む

 

土鍋とIH

普通の土鍋はIH調理器に対応していません。ですが、最近ではIHに対応した土鍋も登場しています。IH調理器で土鍋を使用する場合は、必ず「IH対応」と表示されているものを購入しましょう。

≫続きを読む

 

サイズ

土鍋の大きさは、直径(持ち手を含む)を基準にしています。もともとは「寸」という単位であらわされていましたが、現在は「号」という単位に改められています。1号が1寸(約3cm)になります。ただし、製造メーカーや土鍋の種類によって、号数が同じでも実際のサイズが異なります。購入する際は、「号数はあくまで目安...

≫続きを読む

 

その他

土鍋の国内シェア8割を誇る萬古焼の産地、三重県四日市市の萬古神社では、毎年10月に土鍋供養祭がおこなわれます。土鍋供養祭とは、古い土鍋に対する感謝と萬古焼の発展を祈願する物で、昭和62年より毎年開催されています。一般家庭から持ち寄られた古い土鍋をお清めし、境内に掘った穴に土鍋を割り入れ、埋めて土に還...

≫続きを読む