土鍋の世界

洗い方

土鍋は冷めにくいので、時間をおいて素手で触れられるくらいに冷めるまで待ってから水を使います。

 

(熱いうちに冷たい水につけるとひびがはいるおそれがあります)

 

土鍋は水分を吸収してしまうので、洗剤の使用はできるだけ避けましょう。

 

やむを得ずに洗剤を使用する場合は、少量を薄めて手早く洗いましょう。

 

洗剤液につけておくのはNGです。

 

金属たわしやクレンザーは使わずに、お湯を使ってスポンジややわらかい布でやさしく洗ってください。

 

油を使用した場合は、軽くふき取ってから洗います。

 

鍋底の素地の部分は、やわらかく目が粗いので、洗いすぎに注意してください。

 

ぶつけると、欠けたりひびが入る恐れがあるので、ほかの食器とまとめて洗ったり、食器洗い機を使用するのはやめましょう。

こげがついた場合

土鍋にお湯を入れて一晩おいて、こげをふやかしてから洗います。

 

この場合も、強くこすってはいけません。

 

この方法でもこげが落ちない場合は、土鍋にお湯をはって、重曹を少し入れて火にかけます。

 

泡立ってきたら、お湯を捨てて優しく洗います。

洗った後

土鍋を洗った後は、清潔な布巾で水滴をとり、風通しのいい場所1日くらい置いて完全に乾かしてから、湿気がこもらない場所にしまいます。

 

乾く前にしまうとカビが発生することがあるので注意してください。

ひびが入った場合

土鍋にひびが入った場合は、目張りをするとよいでしょう。

 

方法はいくつかありますが、特におすすめなのが、お粥を炊くことです。

 

火を止めた後、土鍋が冷めるまでそのまま置いておくと、お米に含まれるでんぷん質がひびの間に入り込み、のりの役割を果たしてくれます。

手入れ関連ページ

土鍋について
土鍋とはどういったものか、特徴についての説明です。
歴史
土鍋の歴史についての説明です。
産地
主な土鍋の産地についての説明です。
使い始め
土鍋を使い始めるときの注意点についての説明です。
扱い方
土鍋を扱うときの注意点についての説明です。
収納方法
土鍋をしまうときの注意点についての説明です。
土鍋とIH
IH調理器を使用されているご家庭の注意点です。
サイズ
土鍋のサイズについての説明です。
その他
その他土鍋に関する情報です。